LUNE BALEINE PARASOL - パラソルをもっと愉しむVOL.6


「LUNE BALEINEは、個性派揃いのバターサンドです。しかも、崩れにくくストレスフリー。それらが重なり合い、特別感に繋がるんですよね」。

そう話すのは、J.S.A認定ソムリエの資格をもつ西山妙弥(たえみ)さん。

後編では、LUNE BALEINE<パラソル>のお酒を誘うおつまみバターサンド“snack”の、意外な愉しみ方を教えていただきました。

前編はこちら

少しだけアレンジを加え、ワインと一緒に。パーティーシーンにとっておきのバターサンドです。


ーお酒をきかせたバターサンド“sweets”に続き、おつまみバターサンド“snack”の印象をお聞かせください。

「LUNE BALEINE」の何が魅力って、甘い系の“sweets”と、塩気を感じさせる“snack”の両方を愉しめること。甘いものが好きな方へはもちろん、お酒好きにも喜ばれます。相手の好みに気を遣わなくていいから、ホームパーティーなどに持参したいバターサンドだなって。

お家では、冷凍庫から出して10分〜30分ほどで、好みの固さに解凍するだけ。だから、急な来客のときにも役立つんです。

そこで今回は、ワインのペアリングはもちろん、食卓やパーティーシーンが華やぐ、“snack”の食べ方アレンジも提案します。

サーモンケッパーのリッチな風味と酸味には南アフリカのソーヴィニヨン‧ブランを。ハーブサラダとの組合せで、最高のマリアージュが誕生!


サーモンケッパーをホームパーティーなどで味わうとしたら…。王道のペアリングは、シャンパーニュですね。スモークサーモンのリッチな⾵味と、サワークリームの酸味が、シャンパーニュの上品な風味をさらに高めてくれます。

一歩踏み込むと、さらなる世界が待ち受けています。私がオススメしたいのは、酸が高く柑橘やハーブのニュアンスのあるソーヴィニヨン・ブラン主体の白ワインです。

たとえば、南アフリカの銘醸地・ステレンボッシュで、ソーヴィニョンブラン100%で造られる自然派ワイン「ムーンシャイン」の「ブランチクラブ2022」。


このワインは、発酵と熟成を古⽊樽で、酸化防⽌剤などの添加は一切なし、ノンフィルターでボトリングされている⾃然派ワインです。爽やかさとコクを両⽴させていて、サーモンケッパーとの相性はぴったり。もちろん、お好みのソーヴィニヨン・ブランと一緒に合わせていただけたら。

そこで、少しのアレンジでマリアージュがグッと強まる、ワンポイント・アドバイスです。

ベビーリーフに、ディル、ミントなどお好みのフレッシュハーブを組合せ、オリーブオイルとレモン、岩塩でシンプルに味を調えたハーブサラダを作ります。そこに、サーモンケッパーのバターサンドを手で崩して、上からトッピングするだけ!

すると、サラダが主役の一皿が完成します。しかも、ソーヴィニヨン‧ブラン品種ならではのハーブのニュアンスが加わり、最⾼のマリアージュが誕⽣しますよ。

エダムチーズのコク深い味わいには、すっきりとした口当たりのカヴァが好相性。


いっぽう、エダムチーズは、上品で爽やかなテイストのエダムチーズと、クリームチーズの爽やかな塩気が生きていますね。フライトオニオンを練り込んだクッキー生地は、ほのかにカイエンペッパーの辛味も感じ、「これはビールが最高!」って気分に。(笑)

ソムリエの視点で提案させていただきたいのは、スペインのカヴァですね。

カヴァとは、シャンパーニュと同じ瓶内⼆次発酵で造られる⾟⼝のスパークリング・ワイン。フランスのシャンパーニュ、イタリアのプロセッコと共に、世界3⼤スパークリング・ワインの一つとされています。

なかでも、カヴァ・ミレジメ(単独年もののワインのこと)は、フレッシュハーブやりんごを想わせる豊かなアロマと、すっきりとした⼝当たりが特徴。ですから、エダムチーズの穏やかな塩味や⾟味に、カヴァのドライな味わいが好相性です。また、カヴァ・ミレジメならではのイーストやナッツなどの複雑でリッチな⾹りが、エダムチーズのコク深い味わいに寄り添い、⾒事な世界観を魅せてくれますよ。

サーモンケッパー、エダムチーズ共に、ホームパーティーなどを盛り上げてくれる存在になること間違いなしです。

また、休⽇のブランチの時間やディナー前のひとときに。いつものおうち時間を、ちょっと贅沢なひとときに変えてくれるでしょう。


PRODUCTS